オリジナルポケットティッシュの依頼の流れは?

広告といえばポストに入れられる広告、街中で貼られるバナー、ホームページの端に出てくるバナー、テレビCMなど様々な方法がありますね。広告の大切な目的は目につくこと、捨てられないこと、持ち歩いてもらえることなどです。それらを上手に網羅しているのがオリジナルポケットティッシュです。よく広告が印刷されているオリジナルポケットティッシュが街中で配られていますね。無料なうえ使い勝手がいいので、ついつい受け取ってしまうもの。
ポケットティッシュだと鞄に入れて長期間持ち歩いてもらえますし、捨てられることも少なく、宣伝効果は大変高いです。もし自分のお店を宣伝したいなら、オリジナルのティッシュを発注するのも効果的な宣伝方法です。
テレビCMや紙広告を新聞に入れてもらうよりも安価で済む場合もあります。専門の業者へ依頼すれば、データ入稿後早ければ四日から一週間ほどで仕上げて納品してくれます。一般的な注文の流れは、専門の業者が提供しているテンプレートに合わせてデータ作成します。データは自身で行うかデザイン業者に依頼するのが普通です。テンプレートを無視してデザインすると裁断の時に文字やデザインが切れたり端に不自然な余白が出来たりするのが注意しましょう。データを入稿し、デザイン作成に問題がなければ印刷納品へと進んでいきます。

オリジナルポケットティッシュの基礎知識を学ぼう

販促活動に大変効果的なオリジナルポケットティッシュ。紙のチラシの場合受け取ってくれなかったり読まずに捨てられるリスクも高いですが、ポケットティッシュなら喜んで受け取る人が多いうえ、使い切るまで持っていてくれるのも宣伝効果を上げている理由のひとつです。オリジナルポケットティッシュを作ったのち、お店や会社のターゲットとする性別年齢の人の往来が多い所で配ればさらに宣伝効果を上げることが出来ます。来てほしい人にダイレクトに働きかけられるのがポケットティッシュの宣伝方法の魅力です。
お客さんをもっと増やしたいと考えているのであれば、専門の業者へ依頼してみるのはいかがでしょうか?もし作成を考えているなら、まずは基礎知識を学んでおきましょう。価格はティッシュの枚数、ティッシュの大きさ、広告印刷の方法、発注量で変わります。印刷方法にはティッシュの袋の片面に差し込むラベル印刷、ティッシュをぐるっと巻き込める大型のラベル印刷、ティッシュの袋自体に印刷するビニール印刷があります。
大抵の場合一番安価なのは普通サイズのティッシュ六枚入りに片面のラベル印刷をするというものですが、両面にラベルが入ったものはとても目立つのでお勧めです。たくさん依頼すれば一個単位の価格が抑えられますし、中にはデザインまで請け負ってくれる業者もあります。色んな専門の業者を比較し、一番誠実な対応、価格を提示している業者を選びましょう。

New Posts

ティッシュにつける広告はどのようなものがいいのか

オリジナルポケットティッシュをお店の宣伝に活用しよう 駅前で何気なく受け取ってしまうポケットティッシュ。チラシだと捨ててしまったり、受け取らなかったりするのに、ポケットティッシュだとなぜか不思議ともらってしまいますよね。そんなポケットティ…

More...

費用を抑えたいならミニサイズのものもある

オリジナルポケットティッシュで効果的な宣伝を 駅前などを歩いていると広告の印刷されたポケットティッシュを渡されることがありますよね。ティッシュは誰しもが使う日用品。貰って損はないので、ただチラシを配るよりも受け取ってもらえる確率が、格段に…

More...

早いところなら入稿後四日ほどで納品してくれる

オリジナルポケットティッシュの依頼の流れは? 広告といえばポストに入れられる広告、街中で貼られるバナー、ホームページの端に出てくるバナー、テレビCMなど様々な方法がありますね。広告の大切な目的は目につくこと、捨てられないこと、持ち歩いても…

More...

ティッシュに載せる広告はシンプルに

お店のオリジナルポケットティッシュを作ろう オリジナルポケットティッシュは、簡単に作る事ができます。お店の宣伝効果にも、期待できます。それに、町でティッシュを配っていると、ついついもらってしまいますよね。そこに書かれているお店の情報も知ら…

More...

List

2018年10月15日
ティッシュにつける広告はどのようなものがいいのかを更新。
2018年10月15日
費用を抑えたいならミニサイズのものもあるを更新。
2018年10月15日
早いところなら入稿後四日ほどで納品してくれるを更新。
2018年10月15日
ティッシュに載せる広告はシンプルにを更新。
トップへ